今考えていること








インディペンデント・キュレーター 青木彬

インディペンデント・キュレーター

1989年生まれ。東京都出身。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。
アートを「よりよく生きるための術」と捉え、アーティストや企業、自治体と協同して様々なアートプロジェクトを企画している。
これまでの主な企画に、まちを学びの場に見立てる「ファンタジア!ファンタジア!─生き方がかたちになったまち─」ディレクター(2018〜)。都市と農村を繋ぐ文化交流プロジェクト「喫茶野ざらし」共同ディレクター(2020〜)。「東京ビエンナーレ20…

続きを読む

ホテルを舞台に展開するギャラリープロジェクト

東京都墨田区にあるKAIKA東京 by THE SHARE HOTELS内に、アートプラットフォーム「ArtSticke...

ホテルを舞台に展開するギャラリープロジェクト







ニュータウンの遊休不動産を活用するアートプロジェクト

多摩ニュータウンの遊休不動産や公共空間を一時的に活用し、その場所の新しい価値を見つけていくアートプロジェクトをキュレーシ...

ニュータウンの遊休不動産を活用するアートプロジェクト







「よりよく生きること」としての創造力について

地域社会を担うNPOとアートプロジェクトを共催し、無数の「アートポイント」を生み出す『東京アートポイント計画』のディレク...

「よりよく生きること」としての創造力について







まちづくり、アート、福祉の現場で問い直すワークショップメソッド

都市計画、まちづくり、アートプロジェクトの実践者がそれぞれの現場で行ったワークショップをまとめた書籍の編著を担当。 ディ...

まちづくり、アート、福祉の現場で問い直すワークショップメソッド







アートへの「加担」をテーマに元小学校の屋上で開催した展覧会

東京都千代田区にあるアーツ千代田 3331で開催された『3331 ART FAIR 2020』のSelection-RO...

アートへの「加担」をテーマに元小学校の屋上で開催した展覧会







市民との“交歓”をテーマにニュータウンの魅力を引き出す

郊外住宅の理論構築に寄与したE·ハワードの元で住宅や地域計画に取り組んだ建築家レイモンド·アンウィンは、ウィリアム·モリ...

市民との“交歓”をテーマにニュータウンの魅力を引き出す







もっと見る

連絡をとってみる

ご覧いただきありがとうございます。
お仕事のご依頼、ご質問がございましたら下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ
読み込み中